税理士の職務内容に関する基礎知識

税理士とは、法人や個人商店などの企業、或いは個人一人一人に至るまでの、税金に関するアドバイスや指導を行う税金のプロです。さらに、取り扱う税金については、法人税や事業税、所得税や相続税など、非常に幅広いものとなっています。税金というものは、国や自治体にとっては貴重な財源であり、納税者にとってはなるべく抑えたいものになります。そこで、第三者の立場から両者の利害が一致するように働くのが、税理士の職務といえ、今後ますます必要とされる職業のひとつです。

資格試験の概要に関する基礎知識

様々な税金を取り扱う仕事である税理士の資格を取得するには、それ相応の高度な知識が必要になります。税理士試験は科目合格制という制度になっていて、数ある科目の中から5科目合格することが出来れば、晴れて合格になります。1つの科目に合格さえすれば、その科目は永久に合格扱いとされるので、何年かかけて1つ〜2つずつ合格する方法が基本です。それぞれの科目は決して易しいものではないので、計画をしっかり立てて、根気よく勉強することが大切です。

具体的な勉強方法やコツなど

科目の選び方は基本的に自由ですが、簿記論・財務諸表論の2つと、法人税法と所得税法のいずれか1つは必ず合格しなければならない必須科目になっています。中でも簿記論と財務諸表論は、会計や税法を考える上での基礎になるので、しっかりと勉強するようにしましょう。最も基本的な取り方としては、最初の1年目は簿記論と財務諸表論を取得し、次の年で法人税か所得税、それ以降に他の科目という方法です。そして、必須科目以外の科目の選び方としては、将来自分がどんな税理士になりたいのかで選んだり、単に興味がある科目を選んだりと、自由に組み合わせることが可能です。長期間の勉強になるので、無理のない計画を立てるようにしましょう。

税理士の講座は、税理士を目指している人の試験に役立つ情報を得ることができます。全くの初心者から上級者向けまで様々な講座があります。

税理士の職務内容や資格試験の概要などの基礎知識