宅建の資格を取得するための試験の概要

宅建の資格の取得には年に一度開催される筆記試験で合格する必要があります。この試験に向けての勉強方法には、巷で販売されているテキストを利用したり、専門学校に通うなど様々な方法があります。その中でも効率的で有効な勉強方法と言えるのが過去問題集を繰り返し解くことです。というのも宅建の試験は全50問のマークシート方式の選択肢問題で構成されていて、比較的限られた範囲の中から毎年似たような設問で構成されるケースが多いという特徴があるからです。

宅建の試験における合格ライン

また、例年の宅建の試験の合格ラインは全50問を1問1点とした場合に多少の変動はあるものの30点台前半から半ばとなるケースがほとんどで、全体の8割にあたる40点が獲得できれば九分九厘間違いなく合格できるという傾向にあります。そして、試験問題の中には一部時事問題もありますが、時事問題以外の例年似たような問題が出題される限られた範囲の中で9割程度正解できれば合格ラインには問題なく到達できるのです。従って、宅建の試験においては時事問題以外の限られた範囲の問題を確実に押さえていくことが効率的な合格ラインの点数の取り方と言えるのです。

一問一答集を中心とした勉強法

このような時事問題以外の限られた問題を着実に正解していく上で有効な勉強方法となるのが過去問題集の活用です。というのも宅建の試験の時事問題以外の設問は、出題範囲が限られているだけでなく、設問の形式もパターンが限られている傾向があります。従って、過去問題集を繰り返し解くことで設問形式に慣れることが大切なのです。そして、過去問題集の中でも効率的な勉強方法の中心となるのは少ない時間でも有効に活用できる一問一答集です。一問一答集を繰り返し解きながら、疑問点は公式の参考書を参照しながら解消し、その上で実際の試験形式の過去問題集を解くというサイクルを繰り返しことで試験に対する十分な対応力が養えるのです。

宅建の資格を取得しようとすると、独学で勉強していると資格の取得までにとても時間がかかってしまうことも少なくありません。そのため、宅建の資格取得なら宅建の講座をじゅこうすると良いでしょう。

過去問題集を何度も繰り返し解くことが有効