保険の対象などについて

ここでは火災保険の選び方についてです。まずポイントとなるのは持ち家か賃貸物件かということです。これをまず考慮して、ここからは手順についてです。はじめに保険の対象を決めます。具体的には何を対象に火災保険を契約するのかということです。保険の対象をしっかりと検討していきます。対象とは住宅の建物や家財、またはその両方などです。どうすればいいかわからない場合は建物の見積もりと家財の見積もりを両方もらってから検討すると良いです。

補償範囲や補償内容について

次に火災保険の補償範囲を決めます。これを行うためには火災保険の補償内容や補償範囲をしっかりと理解しておく必要があります。補償範囲としては具体的に、火災や落雷、破裂・爆発、水災などがあります。火災の補償内容として失火やもらい火、放火などによる火災の損害を補償となっています。また補償範囲をある程度限定することで、保険料を安く節約することが可能となっています。そのためには自分に必要なものをしっかりと判断することが重要となります。

補償額や保険金額などについて

そして補償額や保険金額を決めます。補償金額をどうすれば良いか知るには建物の価値を知る必要があります。評価基準としては新価と時価があります。火災保険を選ぶ際には新価で評価した金額で保険金額を設定すると良いです。また同様に家財に対しても評価額を知り、それを参考に保険金額を決めていきます。他のポイントとしては保険期間や地震保険をセットにするかなどを検討していきます。保険期間としては1年契約から最長10年契約まであります。これらをしっかりと考慮し選ぶと、自分が納得する契約をすることが可能です。

火災保険とはもしもの火災時にとても便利な保険です。火災は起こらない方がよいですが、加入しておけば安心して生活することができます。

火災保険の選び方について