信用取引は危険な株取引?

証券会社から資金や株を借りて株取引を行うのが信用取引です。利益が出るチャンスが拡大する分、損失が出る可能性も高まってしまい、さらにはその額も理論上は無制限なため、金融取引初心者の間では「手を出すべきじゃない危険な取引」と思われている面があります。確かに信用取引のみで利益を出そうとすればそうした部分が前面に出てしまいますが、上手い運用の仕方を覚えれば、信用取引ほどローリスクでお得な株取引はありません。

売れない株でも利益確定ができる

信用取引には、証券会社から借りた株を売り、それを安く買い戻して返済することで得た差分を利益にできる「空売り」を行うことができます。この仕組みを利用すれば、何らかの理由で売ることができない株を擬似的に利益確定することも可能です。即ち、売れない株を利益確定したい所で同一銘柄を空売りするのです。あとは空売りした方の株を上手く手仕舞いしてしまえば、保有している分の損利と上手く相殺されて、売れない株でも利益確定したことと同じようにすることができるのです。

話題の株主優待をタダでゲットできる

この信用取引の空売りを活用した「損利の相殺」を上手く利用すれば、さらに別の側面から利益を得ることも可能です。最も知られた手法が、株主優待のタダ取りです。株主優待を得る権利を獲得できる権利落ち日よりも前に現物で株を購入しておき、それと同時に同じ銘柄を同数空売りしておくのです。これで権利落ち日で株価が変わっても損利が相殺され、手数料と金利のみで株主優待をゲットすることができます。これだけでも信用取引をする価値は十分にあると言えます。

信用取引とは証券会社からお金を借りてそのお金で株式投資をする事を言います。これにより所持金以上の取引が可能となり、大きな利益を期待できる点が最大の魅力となります。

こんな運用方法があるの!?お得な信用取引の活用方法