自宅で学習を進められる通信制大学院とは?

社会人として働いている方の場合には、大学院に通いたくても時間を捻出できないケースがあります。このような場合に役立つのが、通信制大学院となります。通信制大学院であれば、自宅で学習を進められるので、通学などの手間を省き、快適に学習を進めていくことができます。通信制大学院の場合には、多彩な学習の進め方が用意されている場合もあるので、自分の状況に適した学習方法を選択できるという大きなメリットも存在しています。

レポート学習をメインに学習を進める方法とは!?

通信制大学院の学習方法の一つに、レポート学習を活用する方法があります。レポート学習の場合には、科目ごとに指定されるレポート課題に基づきレポートを作成して提出を行います。提出されたレポートについて、教員による添削指導が行われ、合否が判断されることになります。その後、科目修了試験を受験し、見事合格すれば、単位を無事取得することが可能です。このような方法は、自宅学習をメインにしたい場合に、高い効果を発揮します。

スクリーニングを利用した学習方法とは!?

授業の特性によっては、対面による授業のほうが好ましい場合も存在します。そのような場合には、スクリーニングを利用した学習方法も選択肢の一つにできます。スクリーニングは面接授業となっているので、会場に通って授業を受けることが可能です。スクリーニング試験が行われることになり、合格後にレポート学習が行われることもあります。スクリーニングのための宿泊施設を代理店から提供してもらえる場合もあるので、宿泊などの負担を軽減した形で学習することができます。このように、通信制大学院は、多彩な形で学習を進めていけます。

通信制大学院は、働きながらでも大学院卒業を目指すことができるのでとても便利です。登校日に投稿するだけでよいので無理なく学ぶことができます。

多彩な形で学習を進めていける!通信制大学院とは!?